哲学的ファンタジー小説!!「無限定」を心に刻み、夢想によって理想に近づいていく少年の不思議な物語

夢想copy

倉石 清志 (Seiji Kuraishi, Ph.D.)

価格 1,600円+税
ISBN 9784905520160copy
判型 貢数 新書 256貢
Cコード 0293
発売日 2019/11/11

編集者から一言

将来、仕立屋になることを夢見るオタカル。
その少年はいつしか想像することに夢中になった。
オタカルは、豊かな想像力によって人生を切り開いていく。


「想像は魔法である」(p. 246)
「お前が夢を追っているかぎり、お前の心は豊かだ」(p. 29)
「孤独を知る者は夢で成長する、価値で溢れているために」(p. 73)
「世界にはこの町の石畳のように、一つとして同じ模様は存在しない。 お前もかけがえのない存在だ」(p. 30)
「僕は《全ては一つ》の世界を愛する」(p. 11)


理想を求める〈夢追い人〉に贈る哲学的ファンタジー小説。


あらすじ

オタカルは仕立屋になることを夢見る少年である。彼は今日も〈マジェンカ〉を夢想する。 そこはオタカルだけの夢の世界。少年はマジェンカの気球操縦士ヴラチスラフや現実世界の女操り人形師エリシュカたちに支えられて一途に成長していく。 「無限定」を心に刻み、夢想によって理想に近づいていく少年の不思議な物語。


登場人物

  • オタカル : 将来、仕立屋になることを夢見る少年。豊かな想像力によって〈マジェンカ〉の世界を作り出す。夢想の世界と現実を行き来している
  • エリシュカ : アロイス橋の操り人形師。黒猫レンカと一緒に暮らしている。彼女の人形劇は思索的な内容が多い
  • ヴラチスラフ : 夢想の世界〈マジェンカ〉の気球操縦士。通称〈飛行の魔術師〉。老年だが、オタカルの大親友
  • ペトル・ハシェック : アロイス橋の手回しオルガン弾きの老人
  • カレル・ソボトカ : アロイス橋の周辺を巡回する警官。エリシュカの同級生



新聞書評掲載

西日本新聞(2019年12月14日)朝刊の10面にて、倉石清志著『夢想』の書評が掲載されました。
https://www.nishinippon.co.jp/item/n/568176/




Key Words

  • 文学、
  • 幻想文学、
  • 幻想小説(ファンタジー)小説、
  • 哲学的ファンタジー小説、
  • 哲学、
  • 思想、
  • 詩、
  • 夢、
  • 夢の世界、
  • 夢想の世界、
  • 幻想の世界、
  • 想像の世界、
  • 無限定、
  • 永遠、
  • 無限、
  • 想像力、
  • 想像力の可能性、
  • 想像は魔法、
  • 夢見る少年、
  • 夢追い人、
  • 大道芸人、
  • 操り人形師、
  • 戯曲、
  • 演劇人形劇、
  • 劇中劇、
  • パペット、
  • パペット・プレイ、
  • パペット・ショー、
  • オルガン弾き、
  • 気球操縦士、
  • 旅人、
  • シャンソン、
  • 大統領、
  • 黒猫、
  • 全ては一つ


pagetop

サイト内検索

ジャンルで探す