親しみやすい言葉で書かれた哲学書!悪意を避け、幸福の知的生活を謳歌するための哲学随想

尊敬についての随想copy

倉石 清志 (Seiji Kuraishi, Ph.D.)

価格 1,700円+税
ISBN 9784905520153copy
判型 貢数 B6 136貢
Cコード 1010
発売日 2018/11/20

編集者から一言

『尊敬についての随想』は、悪意を向ける人から優れたものを発見し、それを敬うことに努める哲学書である。 本書は悪意(悪感情)によって執着する人に対してのより良い向き合い方の一つを提案する。 悪意に影響されることは、善意に満ちた幸福から遠ざかることを意味する。 平静に、穏和に「尊敬」の概念を通じて〈知の宝〉を探す。 本書は真剣に生きる人、善く生きようとする人、真理を 探求する人に深い示唆を与える。奥深く清廉な哲学随想。


悪意ある人から健全に離れる方法がここに! 本書は、知的な「自己尊敬」の極致に読者を案内する。 悪意に対応するための幸福の哲学書!!

  • 人間関係で悩んでいる方に!
  • 憎まれている方に!
  • 妬まれている方に!
  • 匿名で中傷誹謗されている方に!
  • 悪口を言われている方に!

あらすじ

倉石清志による『尊敬についての随想』。 本書は「尊敬」を通じた〈悪意ある人〉への対応を考察した哲学書である。 悪意に対して、悪意を返すのではない。 悪意ある人には善意によって「健全な離隔」をとりつつ、そうした負の情念を向ける人から優良性(優れた部分)を見出し、 それを敬おうと試みる。本書の核心として、 悪意ある人への善意ある対応によってもたらされる健全な自己充足・自己満足を伴う知的な「自己尊敬」を提言する。 悪意を避け、幸福の知的生活を謳歌するための哲学随想。


目次

はじめに 善意を動機に
第1章  まずはあなたに敬意を
第2章  疫病のような悪意
第3章  より善く
第4章  善く生きる義務
第5章  健全な離隔としての「黙殺」
第6章  意識改善
第7章  驚き
第8章  尊敬
第9章  悪意の種類
第10章 憎む人
第11章 妬む人
第12章 利己的な人
第13章 無責任な人
第14章 悪口を言う人
第15章 自己尊敬
第16章 回答として
第17章 宇宙における善意




『尊敬についての随想』本文より抜粋

  • 悪意を向ける人は、不幸な人である
  • 悪意は「精神の弱さ」から生じる
  • あなたは決して独りではない
  • 悪意は疫病のようなものである
  • 「黙殺」あるいは「黙過」とは、健全な離隔のことである
  • 世界の価値の一つは善である
  • 善意は世界の本望にある
  • 〈幸福の知的生活〉は、あらゆる悪性を遠ざける
  • 憎まれることは、あなたの存在が大きいということ
  • あなたを妬む人は、あなたの素晴らしさを知っている
  • 知的な自己尊敬は、悪意に対応するための重要な鍵となる
  • 知者は善意によって、悪意から健全に離隔する

新聞書評掲載

西日本新聞(2019年2月9日)朝刊の「読書館」にて、倉石清志著『尊敬についての随想』の書評が掲載されました。
https://www.nishinippon.co.jp/nlp/book...




Key Words

  • 哲学、
  • 思想、
  • 文学、
  • 詩、
  • 尊敬、
  • 善意、
  • 幸福、
  • 善、
  • 悪、
  • 黙殺の対象(黙殺すべき対象)、
  • 意識改善、
  • 悪意、
  • 悪意を向ける人、
  • 悪意(悪感情)によって執着する人、
  • 憎しみ、
  • 妬み、
  • 利己心、
  • 無責任、
  • 悪口、
  • 自己尊敬、
  • 宇宙全体の善意、
  • 知の宝、
  • 真剣に生きる人、
  • 善く生きようとする人、
  • 真理を探求する人


pagetop

サイト内検索

ジャンルで探す